お問合せはこちら

コラム

アーカイブ

2016.12.21

CG動画はここまで進化した!

映画やゲームなどで、私たちはCG動画をよく目にします。しかし、それとは気づかなくても、テレビ番組やコマーシャル、スマートフォンのアプリなどにもたくさんのCG動画が利用されています。そんな、CG動画についてご紹介します。



目次

1 CGとはなにか?

 1.1 CGの種類

2 CG動画の歴史

3 現代のCG動画

4 世界のCG動画の事例

 4.1 海外のCG動画

4.2 日本のCG動画

5 映画のCG動画

6 ゲームのCG動画

7 これからのCG動画

8 まとめ




1 CGとはなにか?

CGとは、コンピューターグラフィックス(computer graphics)の略語で、コンピューターを利用して描かれる、静止画や動画のことです。一般的にコンピュータグラフィックスというと、現実と見紛うようなリアルな描写をイメージしますが、コンピューターで描かれたものは、全てコンピューターグラフィックスです。現代においては、実写映像以外のほとんどのテレビアニメーションや、テレビコマーシャルの制作にコンピューターが用いられます。それらは全て、コンピュータグラフィックスと言えます。




1.1 CGの種類

一般的に見かけられるコンピュータグラフィックスの種類は、大きく二つに分類されます。それは「2DCG」と「3DCG」です。

2DCGは「二次元コンピュータグラフィックス(two dimensional computer graphics)」の略語で、平面的に見えるイラストレーションや、子供向けのテレビアニメーションなどに多く用いられています。紙などに描いた絵をスキャナーでコンピューターに取り込み、デジタル加工するケース、マウスやタブレットを用いて、コンピューター上で直接描画するケース、などがあります。

3DCGは「三次元コンピュータグラフィックス(three dimensional computer graphics)」の略語で、コンピューターの中に仮想空間を作り、そこに仮想の物体や人物、カメラを配置し、撮影をする技術です。実写映像並の高クオリティなグラフィックスを制作することも可能ですが、3DCGを一見2DCGのように見せかける技術もあります。

また、CAD(computer aided design)なども、CGの種類に含まれます。コンピューター上で設計図などを作図するシステムで、建築や機械設計、土木や電気設計などの分野に利用されます。


Animator vs. Animation (original)

2Dアニメーションを作るアニメータと、そのアニメキャラクターとの戦いが描かれています。アニメーションとしても秀逸ですが、2Dアニメーションがどのように作られているのかも、理解することができます。



3DCG制作の流れ

3DCGがどのように作られているのか、実例が紹介されています。




2 CG動画の歴史

コンピュータグラフィックスという言葉を始めて使ったのは、1960年代、ボーイング社のウィリアム・フェッターでした。その後、人工衛星の起動シュミレーションなどに、CG動画が用いられたり、実験的なアート作品が作られたりしました。

映画などに本格的にコンピュータグラフィックスが使用されるようになったのは、1982年、スティーブン・リズバーガー監督によって制作されたSF映画『トロン』が最初です。この映画は全編がコンピューターで制作されたわけではなく、96分中の、15分程度が、コンピューターグラフィックスとなります。1980年代のコンピューターグラフィックスは、まだ非常に制作コストが高く、近代的なSFをイメージした『トロン』を制作するために、その大半は、コンピューターグラフィックスに見せかけた手書きのアニメーションが使用されました。

その後、1980年代後半から、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが『リトルマーメイド』『美女と野獣』などに、コンピューターグラフィックスを用いましたが、それも映画の中の一部のみに留まっていました。

世界初のフルCGアニメーション映画は、1995年にピクサー・アニメーション・スタジオの制作した『トイ・ストーリー』です。ディズニーとピクサーは、共同でコンピューターグラフィックスの制作システムを作り、『トイ・ストーリー』では、81分の全編が、3DCGで制作されています。


One of the First Computer-Generated Films, from 1963 - AT&T Archives

エドワード・E・ジャックによる、人工衛星シュミレーション動画です。



1982 - トロン - 予告編

当時とても話題になった『トロン』の予告編です。多くの映画製作者やアーティストがトロンに影響をうけました。



リトル・マーメイド アンダー・ザ・シー - 1989 / 1999 - Under The Sea - Japanese

一見して従来のセルアニメーションのようですが、この頃から一部、コンピューターグラフィックスが利用されはじめました。



君はともだち (トイ・ストーリー)

世界初の、フルCG映画です。人物の描写などにはまだ違和感がありますが、当時としては画期的な技術の進歩でした。




3 現代のCG動画

現代では、コンピューターが普及し、CG動画の制作技術も進歩したために、ほとんどの動画アニメーションがCGで制作されるようになりました。

実写と見紛うようなフル3DCGが、映画やゲームに利用されているのはもちろんですが、見ていてそれとは気づかない、ほとんどの動画にコンピュータグラフィックスが利用されています。

トゥーンレンダリングという技術は、3DCGで制作したCG動画を、二次元のセル画のように見せかけます。従来のアニメーションでは時間がかかっていた動画の作成も、3DCGの技術を用いれば、モデルを一度制作するだけで、使いまわすことができます。


デジタルスタジオガラパゴ_ワイヤーフレーム.avi

より実写的な3DCGがどのように制作されているのかが理解できます。



How To Create Toon Style Animation In Blender

Blenderという、フリーの3DCG制作ソフトでも、ここまで高いクオリティのトゥーンレンダリングが可能です。




4 世界のCG動画の事例

CG動画の技術が一番進化しているのは、やはりアメリカでしょう。ハリウッドには、たくさんのコンピューターグラフィックスのスタジオがあり、一本の映画にかけられる予算も桁違いです。




4.1 海外のCG動画

アメリカのスタジオには、世界中から優秀なコンピューターグラフィックス技術者が集まります。しかし、アメリカ以外の国でも、映画やテレビ番組、コマーシャルなどに、日常的にCG動画が用いられています。 また、世界的なコンピュータの普及により、個人制作でもクオリティの高いCG動画が多く制作されています。


https://vimeo.com/57148705

R´ha [short movie]

ドイツの大学生が制作したCG動画です。とても個人制作とは思えないほどのクオリティです。



Action Movie Kid - Volume 01

CGクリエーターのお父さんが、息子を撮影したホームビデオにユーモラスな特撮加工を施したものです。




4.2 日本のCG動画

日本人は歴史的に見ても、物体に二次元的に捉えるのが得意な人種です。日本で浮世絵が流行し始めた頃、レオナルド・ダ・ヴィンチはすでに『モナリザ』を書いていました。西洋人は物体を立体的に捉え、アジアでは平面的にデザインしなおす、といった特徴があります。

そのため、日本で制作されたものは3DCGよりも、平面的な二次元アニメーションの方が、海外に受け入れられています。もちろん、日本で制作された、クオリティの高い3DCGもたくさんありますが、海外で評価され話題に登るのは、より二次元的なアニメーションが多いようです。ですが、日本でもかなりクオリディの高い3DCG動画は作られています。


Agni's Philosophy -- FINAL FANTASY REALTIME TECH DEMO

スクエアエニックスのデモンストレーション動画です。かなり高度な技術力が伺えます。




5 映画のCG動画

実写映画の特撮部分は、コンピューターグラフィックスにより制作されています。実際に撮影することが困難な、SF的描写や、爆発、モンスター、のみならず、ごくあたりまえの街の風景でさえも、ロケで撮影されたものではない場合があります。スタジオで撮影したあと、コンピューターで描画した背景を合成し、ロケで撮影したように見せかけます。


『シン・ゴジラ』白組によるCGメイキング映像

ゴジラはもちろんですが、ヘリコプター、戦車、爆発、破壊された街並みなど、多くにCG動画の技術が用いられています




6 ゲームのCG動画

テレビゲームやスマートフォンのゲームに用いられている動画は、ほぼ全てがコンピューターグラフィックスです(ごくまれに、実写を用いたゲームもあります) 一部のテレビゲームでは、3DCGで作られたキャラクターを、ユーザが自由に操作することができます。3DCGで作られた世界の中をプレイヤーが旅し、戦う姿が、ゲームプレイとともに描画されます。膨大なデータ量を必要としますが、現代では、1本のゲームディスクに入れられるデータ量は増えました。また、テクスチャなどの技術が進化し、より少ないデータ量で、より実写に近く見せる技術が発達してきています。


FINAL FANTASY XV TGS2016 トレーラー/ファイナルファンタジー15

ファイナルファンタジー最新作では、これだけの高画質なグラフィックスとゲーム内容が1枚のディスクに納められています。




7 これからのCG動画

2016年、再びVR(Virtual Reality)の技術が見直されています。2016年はVR元年だとも言われています。VRとは仮想現実のことで、コンピューターの中に作られた仮想の世界で、現実のような体験をすることです。

現代の技術では、両目に装着するタイプのディスプレイと、仮想現実内の物体を操作できるグローブなどで、あたかも3DCGの世界に入り込んでしまったかのような錯覚を起こすことができます。

これからは、よりVRや拡張現実AR(Augmented Reality)の進歩がすすみ、私たちは、日常的に、コンピューターグラフィックスの世界に住むことになるのかもしれません。 例えば、購入したい商品、試着したい洋服、部屋に置いてみたい家具、などがあれば、VRの技術を用いて実現することができます。顧客が、仮想現実世界で商品を手に取り、擬似的に利用して、その上で注文する、といった未来が、もうすぐ近くまで来ています。


「PlayStation VR」で地上411mを体験してみた!/Experience on the ground 411m in the " PlayStation VR "

TVモニターで見る限りはごく普通の3DCGですが、VRヘッドセットをつけることにより、まるで現実のように感じられます。




8 まとめ

映画やテレビゲームなどに用いられる、いかにも3DCGといった美麗なコンピューターグラフィックスのみならず、CG動画は気づかないうちに、私たちの生活の一部となっています。更にこれから技術が進歩していくなかで、コンピューターグラフィックスはごくあたりまえのものとなってくることでしょう。

2016.12.06

動画アニメーションはここまで進化した!

娯楽作品のイメージが強い、動画アニメーションですが、現在は映像制作技術の進歩により、企業広告など様々な分野に使用されています。そんな動画アニメーションの歴史と、その進化についてご紹介します。



目次

1 アニメーションとはなにか?

2 動画アニメーションの歴史

3 現代の動画アニメーション

4 世界の動画アニメーションの事例

 4.1 海外の動画アニメーション

 4.2 日本の動画アニメーション

5 個人制作の動画アニメーション

6 これからの動画アニメーション

7 まとめ




1 アニメーションとはなにか?

アニメーションとは、魂や生命を意味するラテン語の「アニマ」を語源としてします。実写映像と違い、本来は動かないはずの「絵」に、命を吹き込み、動いて見えるように動画を作ることを、アニメーションと言います。

フルアニメーションの場合は、一秒間に24コマの静止画があります。少しずつ異なる絵を動画フィルムに撮影し、連続して鑑賞することによって、動いているように見えるのが、アニメーションの仕組みです。

アニメ映画などはフルアニメーションの場合もありますが、テレビなどは製作時間や制作費の都合上、一秒間のコマ数が24秒より少ない「リミテッドアニメーション」と呼ばれる手法を用いています。現在の日本のTVアニメーションでは、一秒間に8コマの静止画を用いるリミテッドアニメーションが主流です。


30fps歩きの違いを比較【フルアニメ、2コマ打ち、3コマ打ち】

フルアニメーションと、リミテッドアニメーションの違いです。ぱっと見た感じはほとんどわかりません。




2 動画アニメーションの歴史

最も有名であり、最古とされているアニメーションは、19世紀にジョン・エアトンが発明した、ソーマトロープという技法です。これは円形の一枚の紙の裏表に、羽を閉じた鳥と、羽を広げた鳥の絵を描き、それを回転させることによって、鳥が羽ばたいているように見える、といったものでした。

また同じく19世紀に、「フェナキストスコープ」という技法も発明されました。これは、円盤型の紙に、少しずつ異なる連続した絵を描き、それを回転させ、スリットから覗くことによって、動いて見えるといったものです。似たような技法に「ゾートロープ」があります。こちらも連続した絵をスリットから表示させますが、複数のスリットがあり、複数人でアニメーションを楽しめるようになっています。

20世紀に入ると、セルロイドの透明なフィルムに絵を書いて、それを撮影する「セルアニメーション」が登場します。その後、1990年代に、コンピュータを用いたアニメーションの制作が導入されるまで、長い間、セルアニメーションは映画アニメーションやテレビアニメーションの主流の技法でした。私たちがよく知る、「鉄腕アトム」「サザエさん」「ドラえもん」といったTVアニメは、セルアニメーションの技法で作られていました。


ソーマトロープ作り方 丸形 海底

子供でも簡単に作れるソーマトロープの作り方が紹介されています。



フェナキストスコープ おどろき盤 iMovie phenakistoscope2009

フェナキストスコープの一例です。




3 現代の動画アニメーション

1990年台に入ると、セルアニメーション用のセルが生産中止となり、セルアニメーション着色用の塗料も入手困難になったことなどから、急速にデジタルアニメーションが普及しはじめました。「いかにもコンピューターグラフィックス」といったものだけではなく、一見、今までのセルアニメーションと変わらないように見えるTVアニメーションも、現在ではそのほとんどがデジタルアニメーションによる制作です。

セルアニメーションではまず「主線」と呼ばれる線画を描き、塗料と絵筆を用いて、ひとコマずつの動画を全て着色していました。デジタルアニメーションでは、その着色の工程を、クリックするだけで行えるようになり、大幅なコストダウンに成功しました。

また、デジタルアニメーションに移行することにより、今までのセルアニメーションではできなかったような、複雑な特殊効果を表現できるようになりました。例えば、光が当たってハレーションを起こしているような効果、透明感のある水の表現、背景のぼかしなど、手塗りでは大変な技術と工程が必要だったものが、今ではより簡単にできるようになりました。

2000年代初頭には、3DCGを、従来のアニメーションのように見せる「トゥーンレンダリング」という技術が登場しました。

3DCGとは、コンピューターの中に三次元の形態を持った人形があり、それをコンピューターの中にあるビデオカメラで撮影するといった、どちらかと言えば実写映像に近い技術です。「トイ・ストーリー」や「アナと雪の女王」「ファイナルファンタジー」といったアニメーションやゲームは、3DCGによって作られています。

「トゥーンレンダリング」は、そういった実写に近い3DCGを、セルで描いたアニメーションに見せる技術で、TVアニメーションの「キングダム」や、「プリキュア」シリーズのエンディング、「妖怪ウォッチ」のエンディングなどに用いられています。

「トゥーンレンダリング」は、キャラクターを3DCGでモデリングする必要がありますが、一度制作してしまえば何度も使い回すことができ、絵を一枚ずつ描く必要がないので、動画アニメーションの世界では徐々に増えつつあります。ですが、今までのアニメーションに慣れたアニメファンが違和感を覚える場合もあり、アニメの中のメカのみ、車両や武器のみ、など一部分での使用にとどめているアニメーションもあります。


【MMD】トゥーンレンダリングでみんなみっくみくにしてあげる

トゥーンレンダリングの製作例です。



魔法使いプリキュアED「魔法アラ・ドーモ!」

一見、セルアニメーションのように見えますが、3DCGで制作されています。




4 世界の動画アニメーションの事例

4.1 海外の動画アニメーション

海外の動画アニメーションは、「アナと雪の女王」や「ベイマックス」など、3DCGの映画アニメーションが日本では話題になりますが、それ以外のTVアニメーションもあります。

「サウスパーク」や「シンプソンズ」などのアニメーションは、長い期間放映を続けており、いまでも人気があります。

日本では実写映画が話題のマーベルも、アニメーションのシリーズが多数放映されており、お馴染みの「スパイダーマン」「アイアンマン」「アベンジャーズ」などのテレビアニメシリーズがあります。

海外でも多くの動画アニメーションが制作されていますが、日本では、実写映画や3DCGのアニメーションほどには、話題にならないようです。日本のアニメーションが優れていることも、その理由のひとつなのかも知れません。


映画『ベイマックス』予告編

日本でも大ヒットした3DCGのアニメーションです。



South Park - "Oh, Jeez" - Pentagon Tour

短いショートストーリーのアニメーションです。



「アルティメット・スパイダーマン ウェブ・ウォーリアーズ」 本編_第1話

ディズニー公式YouTubeで、マーベルアニメーションの第一話が無料公開されています。




4.2 日本の動画アニメーション

日本では、動画アニメーションは様々な場面で活用されています。子供向けのTVアニメーションシリーズはもちろんですが、大人向けアニメーション、テレビゲームや、コマーシャル、インターネットによる動画アニメーションでの宣伝、といった、映像が用いられるほとんどの場面で、動画アニメーションが利用されています。

日本人は世界的に見ても、アニメーションに馴染みが深く、また海外に比べ、大人がコミックスやアニメーションを楽しんでいても、軽視されることが少ないようです。アニメーションや、独自のキャラクターを、ビジネスツールとして有効活用している企業も多くあります。「親しみの持てる企業イメージ」を抱かせるためには、効果が高いと言えるでしょう。


【CM】感動アニメCMまとめ 「地図に残る仕事」   大成建設

アニメーションによる、企業コマーシャルの一例です。



【CM】らくらく服薬ゼリー「アニメーション」篇30秒 株式会社龍角散

シンプルなアニメーションでも、効果的に商品を紹介することができます。




5 個人制作の動画アニメーション

これまでアニメーションの制作にかかっていた膨大なコストと時間が削減され、個人にパソコンが普及したことによって、個人や、小規模の映像制作会社よる動画アニメーションの制作が可能になりました。

個人制作でも、大規模なスタジオに劣らないクオリティのアニメーションが制作されています。


『ベイマックス』鉄拳「パラパラ漫画」オリジナルPV

個人でのアニメーション制作の一例です。本編映画のプロモーションに用いられました。



Chiruri - 自主制作アニメ「チルリ」

自主制作アニメーションの一例です。個人でもかなり高いクオリティのものが制作されています。



自主制作アニメ【宮子】

セルアニメーション風の画法に、デジタル技術を生かして制作されています。




6 これからの動画アニメーション

現在、ディープラーニングという機械学習の研究が進んでおり、人工知能による、白黒写真の着彩などの技術も進化しつつあります。まだ、完全な実用段階とはいえませんが、そう遠くない将来、人工知能によるアニメーションの着彩や、動画そのものの制作が可能になるでしょう。


(自動彩色Automatic Colorization) ローマの休日トレーラー Roman Holiday Trailer (Iizuka,Simo-Serra)

機械学習による自動着色の一例です。




7 まとめ

セルアニメーションの時代には、動画アニメーションの制作は、膨大な人手と時間がかかっていました。しかし現在では、パソコンとデジタルアニメーションの普及により、小規模な人数での制作が可能となっています。これから先、娯楽番組以外の様々な分野で、動画アニメーションが活用されていくことでしょう。

ページの先頭へ