お問合せはこちら

コラム

アーカイブ

2017.03.22

ARがつくるこれからの未来

最近よく耳にするAR。ゲームアプリケーション以外にも、日常生活で気づかないうちに、ARコンテンツを目にしているかも知れません。ここではARの技術とその未来について、紹介していきます。



目次

1 ARとはなにか

2 現代のAR技術

3 ARを用いたアプリケーション

4 ARの技術の進歩

5 これからのAR

6 まとめ




1 ARとはなにか

「AR」とは、アグメンティッド・リアリティ(Augmented Reality)の略語で、日本語に翻訳すると、「拡張現実」という意味です。2016年あたりから流行語になり、2016年はAR/VR元年とも言われていました。「VR」はバーチャルリアリティ(virtual reali-ty)の略語で、「仮想現実」という意味です。

具体的にARとはどういった技術なのでしょうか。スマートフォンやウエアラブルデバイスを利用し、現実世界に情報を付与することをARと呼びます。例えばなにも置かれていない場所を、デバイスを通して見ることにより情報が閲覧できる。これがARです。だれもいないコンサート会場のステージにスマートフォンをかざすと、コンサートが始まる、といった技術がすでに現実のものとなっています。

初音ミク降臨ARライブ in ナレッジキャピタル




2 現代のAR技術

ARの歴史は意外と古く、1990年代頃から実用化しはじめました。初期の頃には医療用や軍事用などの技術開発が中心でしたが、2000年代あたりから、エンターテイメントや、ショッピング、ビジネスといった身近なアプリケーションにARが使われるようになりました。

2011年には、「Ingress」というARを利用したゲームアプリケーションが開始され、とても話題になりました。 Googleマップを用いて、現実世界にある史跡や名所を使い、陣取りを行うというゲームです。ユーザーはスマートフォンを見ながら現実世界を歩き、現実にある史跡に設置されている「ポータル」で、陣取りを行います。ナイアンティック社が開発したIngressの技術は、2016年に大流行した「Pokemon GO」にも用いられています。

Ingress - It's Time To Move




3 ARを用いたアプリケーション

エンターテイメントや、ゲームアプリケーションのイメージが強いARとVRですが、ビジネスやショッピング、教育など様々な分野に活用されています。

イケアのARアプリケーションは、スマートフォンやタブレットで、家具を選び、現実世界の家具を起きたい場所にイケアカタログを置くと、実際に家具を設置したイメージを閲覧することができます。他にも家電のサイズが設置したい場所に入るのか、確認できるアプリケーションもあります。

IKEA 2016 Catalogue: Augmented Reality




4 ARの技術の進歩

スマートフォン以外でも、ARを活用する技術があります。例えば巨大モニターで映した現実世界のリアルタイム映像に、拡張現実の情報を付与することもできます。ショッピングモールのデジタルサイネージでは、AR技術を活用した風船割りゲームなどがあり、子供たちに人気です。モニターに現実世界の自分自身が映し出され、風船を割ったり、星を捕まえたりといったゲームを楽しむのです。

Dinosaur AR Vision PV -ARAPPLI SIGNAGE-

グーグルグラスなどの、身につけるARデバイス「ウエアラブルデバイス」は、技術的には既に現実のものとなっています。ですが、それほど世の中に浸透していません。日常的にデバイスを身につけることに、人々が不自由さを感じるのかも知れません。ウエアラブルデバイスよりも、スマートフォンによるARが先に普及しました。

Get Directions [through Google Glass]

ARを技術を用いたゲームの特徴は「実際に体を動かすことを楽しむ」といった部分でしょう。IngressやPokemon GOは「歩きゲー」とも呼ばれていました。現実世界をたくさん歩くことによって、ゲームが進行していくので、ゲームにのめり込むほどに健康になり、ダイエットにも役立ちます。ARゲームとヘルスケアは相性のよいコンテンツだと言えるでしょう。

HADO v2




5 これからのAR

ARによる家具家電のオンラインショッピングや、ファッションの仮想試着などは、すでに実現しています。これからのARは、更に人々の生活に密着し、当たり前のものとなっていくでしょう。

ARのデバイスは、現在スマートフォンを通して閲覧するのが主流ですが、近い将来、ウエアラブルデバイスが更に普及されることが予想されます。眼鏡型デバイスも既に実現しているのですが、更に軽量化が進み価格も安価になれば、多くの人がウエアラブルデバイスを日常的に身につけることでしょう。

さらに、デバイスを用いないAR技術が実現する可能性もあります。映画「アイアンマン」のトニー・スタークが、アイアンマンを設計するシーンでは、現実世界に立体映像が立ち上がり、両手で操作することで、設計図を組み立てていました。あの映画のように、現実世界に仮想現実が映し出される時代が、くるのかも知れません。

2020年の「ワークスペース」未来動画




6 まとめ

ARの技術は既に我々の身近にあり、現実のものとなっています。これからの技術の進歩で、ARは更に自然に生活に溶け込み、活用されていくことになるでしょう。現在はスマートフォンを用いたARが主流ですが、これから先の未来、より軽量化したウエアラブルデバイスが開発され、身近なものになっていくことが予想されます。

2017.03.17

AR誕生の歴史

ここ最近よく耳にする、ARやVR。よく似ているその2つの違いはなんなのでしょうか。ここでは、ARとはどのような技術なのか、また、ARの誕生と歴史、その技術の進歩についてご紹介します。 



目次

1 ARとVR

2 ARとはどのような技術なのか

 2.1 ARとVRの違い

3 ARの誕生

4 ARの技術の進歩

5 ARデバイスの進歩

6 まとめ




1 ARとVR

2016年あたりから、ARやVRと言った言葉が流行になりました。2016年はVR元年とも言われています。ここ最近で急速に実用化が進んできたARですが、実はもっと以前から、ARは我々の身の回りで活用されてきました。では、AR、VRとは具体的にはなんのことでしょうか。ARとは、アグメンティッド・リアリティ(Augmented Reality)の略語で、日本語に翻訳すると、「拡張現実」という意味です。VRはバーチャルリアリティ(virtual reality)の略語で、「仮想現実」と訳されます。




2 ARとはどのような技術なのか

ARとは、何らかのデバイスを利用し、現実世界に情報を付与することです。具体的には、グーグルグラスなどをイメージするとわかりやすいでしょう。例えば我々の住む現実世界に、石碑が建っていたとします。一見してもそれがなんの石碑なのかがわかりません。しかし、デバイスを通して見ると、石碑に情報が付加されている、これが拡張現実です。漫画のドラゴンボールに出てくるスカウターも、それを通して相手の強さを表示する、ARデバイスの一種と言えるでしょう。

Google Glass How-to: Getting Started




2.1 ARとVRの違い

VRはARと近いもので、VRを用いたARといった技術もあります。ARは現実世界に情報や仮想の物体を付加します。それに対しVRは、コンピューター上に仮想の世界を作り、デバイスを通してその世界を閲覧します。

PlayStation VR - Games Preview Summer 2016 | PSVR




3 ARの誕生

ARの歴史は、我々が想像しているよりもずっと古いものです。1968年、アメリカの計算機科学者、アイバン・エドワード・サザランドが、最初のARとVRである、ヘッドマウントディスプレイシステム「The Sword of Damocles」を生み出しました。シースルーのヘッドマウントディスプレイを使用し、現実世界にコンピューターグラフィックスの画像を重ねて見せるといったシステムでしたが、当時の機器はとても大きくて重く、天井に繋いで支えないと装着できないほどでした。ですが、この時代から、ARとVRの技術は研究されていたのです。

Ivan Sutherland - Head Mounted Display




4 ARの技術の進歩

1990年代に入ると、ARの技術は急速に進歩し、実用化し始めます。エンターテイメントの分野においては、まだ機器も巨大で、高額だったために、主に医療用や軍事用に活用され始めました。戦闘機にヘッドマウントディスプレイが利用されていました。

2000年代になり、スマートフォンが普及すると、一般的にもARの技術が活用されるようになりました。2008年に話題になった「セカイカメラ」も、ARの技術を用いたものです。スマートフォンを通して自分の立っている場所から景色を眺めると、町並みに情報が追加された映像が閲覧できました。「あの建物にはアパレルショップが入っている」「数十メートル先に行けばカフェがある」といった具合に、目の前に見えている景色に、ショップやランドマークのアイコンが表示されていたのです。

セカイカメラの紹介(NHK Vision-e)

2016年に大流行した「Pokemon GO」は、ARを活用したゲームアプリケーションです。現実世界の地図上にポケモンが出現し、その場所まで歩いていくことで、ポケモンに遭遇することができます。ユーザーはスマートフォンを通して現実世界を閲覧し、いつもの通学路や公園にポケモンの姿を発見することができます。拡張現実の世界にいるポケモンにモンスターボールを投げ、捕獲することができるのです。

Pokémon GO - Get Up and Go!




5 ARデバイスの進歩

ARを研究していた技術者は、様々なデバイスを開発してきました。サザランドのヘッドマウントディスプレイシステムもARデバイスです。研究が進むにつれて、より軽く、より安価なデバイスが開発されました。「ウエアラブルデバイス」とは、ヘッドマウントディスプレイのように、体に装着するシステムのことを言います。グーグルグラスもウエアラブルデバイスです。

しかし、現代において活用されているARは、スマートフォンやタブレットを活用したものが多いのです。グーグルグラスも革新的なデバイスでしたが、それほど普及しませんでした。まだ、ウエアラブルデバイスを日常に装着するのが恥ずかしい、といった印象もあるのでしょう。スマートフォンなら、新しくデバイスを購入する必要もありません。世界的に多くの人々がスマートフォンを手にしている現代、スマートフォンを通して拡張現実の世界を見ることが、手軽に実現しました。

AR技術で「動く教科書」

[HD]2分でわかる ぬりえARサービス紹介




6 まとめ

歴史的に様々なデバイスを開発してきたAR技術ですが、現代において、一番手軽な方法としてスマートフォンやタブレットが活用されています。しかし、技術的にはウエアラブルデバイスも、実用化されているのです。近いうちにどこかでブレイクスルーがおき、人々が当たり前のように、ウエアラブルデバイスを装着している、そんな時代が到来するのかも知れません。

ページの先頭へ