株式会社東陽 様

マーキング(刻印)基本操作説明映像。
従来は、スタンプや印字したシールでの対応がほとんどでしたが、月日が経ったり濡れたりすると読めなくなってしまうことから、近年では製品そのものに刻印する「ダイレクトマーキング」が主流になっています。
エアもしくは電気で駆動させたマーキング・ピンで、対象物の表面に直接、英字、数字、記号、マークなどを点群によって打刻。
2次元コードにも対応していますので、生産/工程/出荷管理にも活用できます。
鉄鋼やアルミ、合成樹脂のような硬い材質へのマーキング(刻印)を得意とし、対象物の表面状態(濡れ、粉塵など)に関わらず、高精度で半永久的なマーキング(刻印)を施すことができます。

【尺:2分46秒 / 納期:約1ヶ月】

会社URL:https://www.toyo-tos.co.jp/