コラム

2018.7.9 15:20

スマホのCM事例|名古屋の映像制作 TAO

わたしたちの生活のさまざまなシーンで活躍するスマホ。
活躍の場は電話やメールといった、従来のコミュニケーションのシーンだけにとどまりません。
カメラの進化・お財布機能・そして、アプリやチャットなど意思疎通の方法も多彩に進化しています。また、生活だけではなく、ビジネスにおいてのスマホの存在価値も年々高まっています。
技術の発展とともに、おもしろい機能が追加されていく。そんなスマホのCM事例をあつめました。

 

 

目次

1. iPhone X — Studio in your pocket — Apple

2. iPhone X — Fly Market — Apple

3. iPhone X — アンロック — Apple

4. Docomo 「紅の空に」篇

5. 富士通 arrows 割れない刑事「取調室篇」60秒

6. らくらくスマートフォンme TVCM

7. Introducing Xperia XZ2. Made to touch your senses

まとめ

 

 

1. iPhone X — Studio in your pocket — Apple

新しくなったiPhone Xのカメラ機能を紹介するCMです。
雑踏のなか、たたずむひとりの女性がiPhoneを手にすると。
彼女を取り囲むように次々とあらわれるのは、写真スタジオのような専門的な証明器具たち。
iPhone Xの新しいポートレート機能が注目するのは「光」です。まるでスタジオで撮影したような、照明効果の写真を撮影することができます。
その新しい写真の加工機能を、視覚的に想像力が膨らむ形で伝えてくれる映像です。

 

 

2. iPhone X — Fly Market — Apple

こちらは、顔認証と連動したApple pay機能を紹介するCMです。
雑多としたマーケットのなか、歩いてくる男性。彼が携帯をみつめるだけで、お目当ての素敵な帽子が飛んできます。
音楽にあわせて、購入するのはサングラス、スーツ、シャツ、靴、そしてゆっくりと座れそうなソファー。
「一目」で支払えるという、従来の指での決済操作すら不要にした新しい買い物の形を、リズミカルにあらわしています。

 

 

3. iPhone X — アンロック — Apple

目力のある一人の女性。彼女に備わったのは、特殊能力? いいえ、これもiPhoneの新しい顔認証機能を伝えるCMです。
顔を向けると、ロッカーの扉が次々と開いていく。机の引き出し、ペンキ缶のフタ、シャッターの鍵、彼女に解除できない鍵はありません。
顔認証でロックを解けるiPhone Xを、コミカルに表現しています。

 

 

4. NTTドコモ 「紅の空に」篇

夕暮れ時の浜辺で、スマホに向かい熱唱する女性の姿。
情熱的にX Japanの名曲である「紅」を歌うのは、女優の高畑充希さん。その歌詞通りに、口を動かす犬のアバターは、iPhone Xの機能である「アニ文字」です。
高畑さんの歌と「別れましょう」のメッセージを見つめながら、意味深な表情を浮かべるのは、俳優の堤真一さんです。
ドラマチックなストーリーの中に、iPhoneのアニ文字をどのように利用するのか分かりやすく伝えてくれます。
高畑さんの歌唱力の高さにも注目が集まったCMです。

 

 

5. 富士通 arrows 割れない刑事「取調室篇」60秒

不穏な空気の流れる取調室。小栗刑事と山田刑事のコンビが繰り広げるドラマ仕立ての富士通arrowsのCMです。
取調室の外から聞こえる爆音。花火大会の夜らしく、一目見ようと窓に向かって飛び跳ねる山田刑事。
肩車をして、遠くの夜空に浮かぶ花火を撮影する。そんなシチュエーションでも、けしてぶれずにズレないカメラの性能をアピールしています。

 

 

6. らくらくスマートフォンme TVCM

ある年代の方にとっては、スマホのハードルは高いもの。
今までの携帯とは違う便利な機能があったとしても、使いこなすのは大変です。
でも興味がある、使ってみたいという方に、はじめてでも楽に使える「らくらくスマートフォン」を紹介しています。
大きな文字で、使いやすい操作感。大竹しのぶさんの、スマホのハードルが下がりました!と明るく飛び跳ねる表現にも好感がもてます。

 

 

6. Introducing Xperia XZ2. Made to touch your senses

最後にご紹介するのは、Sony Xperia XZ2の紹介CMです。
洗練されたデザインのボディに、手におさまるフィット感。動画も鮮明に、4Kでの撮影も可能です。
驚異的な肉体の美しさをとらえるスーパースローモーション機能で、ドラマチックな動画作成も。
カメラだけではなく、スピーカーの機能も向上。ソニーのオーディオテクノロジーをふんだんに活用しています。
充電はもちろんワイヤレスでスマートに。安心の防水機能も嬉しいポイントです。

 

 

 

まとめ

スマホの機能は日々進化しています。
新しい機種が発売されれば、消費者の注目は「以前とどう変わったのか」という点に集まります。
改良された性能を、わかりやすくアピールすること。それにより、生活の中でわたしたちはどんな新しいワクワクを手に入れられるのか。
そのイメージを持てるようなCMが、見る人に興味を抱かせます。
スマホは定期的に買い換えるものとはいえ、既存の機種からの変更にはそれなりの理由や決断が必要です。
いまのスマホでは実現できない、「楽しさ」や「便利さ」がわかれば、消費者の背中を後押しし、アクションにつなげることが出来るでしょう。

あなたにお勧めの記事

生活に欠かせないインフラ企業の採用動画事例
ふるさと納税のプロモーション動画事例
造船業の採用動画事例
不動産業界の採用動画事例
出版業界の採用動画事例
飲食業界の採用動画事例