コラム

2019.11.19 17:43

通信業界のプロモーション映像事例|名古屋の映像制作 TAO

AIはIoTなど、日を追うごとに発達していく通信業界。
新しいサービスが常にリリースされるなかで、ユーザーに届くプロモーション動画とはなんでしょうか。
製品に目をとめるきっかけとなったり、新しい価値を教えてくれたりするような、通信業界のプロモーション映像事例をご紹介します。

 

 

目次

1)Google Home Mini Loves Cats 篇

2)For ONEs「はなして翻訳」篇

3)「my daiz」地図を見なくても安心の音声ナビ

4)Macの向こうから — 世界を変える学生たち — Apple

5)[マイクロソフト フィランソロピー] IT や通信技術でシニアの皆様の日常をより豊かに | 日本マイクロソフト

まとめ

 

 

1. Google Home Mini Loves Cats 篇

Google Home Miniと、猫のいる生活をかけあわせたプロモーション動画です。
ソファーに座っている間、膝の上に猫がのってきた。飼い主はその場から動きたくないからと、「Ok Google、電気を消して」と一言。
トイレットペーパーで遊ぶ猫を眺めながら、Google Home Miniでトイレットペーパーを注文する。
丸くなって眠る猫にモフモフと顔をうずめながら、Google Home Miniで今日の天気を確認する。
雨の日に、猫と外を見つめながらGoogle Home Miniに明日の天気を尋ねる。
猫のいる生活のなかで、Google Home Miniがどんなふうに役立つのか。
具体的なシチュエーションを描きながら、ユーザーに「購入後」の暮らしをイメージさせてくれる構成となっています。

 

 

2. For ONEs「はなして翻訳」篇

その国で使われる言葉がわからない。簡単な単語は知っていても、難しい言葉になると読めなくなる。
海外からやってきて日本で生活し、子どもが生まれ現地語と母語のコミュニケーションの差が開く。そんな人々が、日本でも暮らしています。
子どもが学校から持ち帰る日本語のプリントを、言葉のハンデがあっても不自由なく親が理解できるようになる。
そんな翻訳サービスがあれば、外国人の親も、日本で育つ子どもも、もっと生活しやすくなるかもしれない。
動画で紹介されているのは、プリントの日本語を画像から読み取り、違う言語に翻訳してくれるサービスです。
学校からのお便りも、不自由なく理解でき、授業で必要な文房具をスムーズにそろえることができます。
多様性のある社会で必要とされるサービスを紹介するプロモーション動画です。

 

 

3. 「my daiz」地図を見なくても安心の音声ナビ

道に迷ったら、通常頼るのは地図アプリです。
でも、スマホの画面を見ながら道を歩くのは、方向や曲道がわからなくなるもの。
そんな迷子の悩みを解決するための、新しいナビが「my daiz」です。
音声のみで、経路を道案内してくれます。
地図をみる必要がなく、スマホに目的地を告げるだけで、進む方向や視界で見えるものを指しながら、音声指示がつづきます。
簡単に便利に、新しい道を歩くことができる音声ナビサービスです。

 

4. Macの向こうから — 世界を変える学生たち — Apple

Macというパソコンが、人々に何をもたらしているのか。
機能ではなく、Macの存在そのものにフォーカスしたプロモーション動画です。
大学の校内でMacの画面を見つめる若者たち。
画面に映るのは、Macのロゴがある背面と、若者の表情がメイン。
「世界を変える、Macの向こうから」のキャッチコピーと「やりたいようにやってみましょう」と歌うBGMが、伝えたいコンセプトを忠実に表現しています。

 

 

5.[マイクロソフト フィランソロピー] IT や通信技術でシニアの皆様の日常をより豊かに | 日本マイクロソフト

シニア世代と通信技術のかかわりを伝えているのが日本マイクロソフトのプロモーション動画です。
動画に登場するのは、高齢者の方にパソコンの使い方を教える女性。彼女もまた、シニア世代の一人です。
デジタル機器を使えることで、できることが増える。世界が広がる。
通信技術の発達は、人々の生活をただ便利にするだけではありません。
シニア世代のできることが増え、日々の生活にやりがいを感じ、充実した日々を送れるようになります。
老いて世界が狭まるのではなく、IT技術の発展でより楽しい人生が送れるようになってほしい。
そんな企業の方針が伝わってくるプロモーション動画です。

 

 

 

まとめ

「役立つ」や「最新」がキーワードになる通信業界のプロモーションも、実際にサービスを利用するユーザーを具体的に想定することで、より製品のイメージを伝えられます。
また、若者やシニアなど、ターゲットの世代に対して提供しているサービスがどんな価値をもたらすのか。
プロモーション動画で描くことにより、企業イメージの向上が期待できます。

あなたにお勧めの記事

医療機器メーカーの採用動画事例
通信業界のプロモーション映像事例
AIのプロモーション映像事例
観光局のプロモーション映像事例
スマホ向けゲームアプリのプロモーション映像事例
Iotサービスのプロモーション映像事例