コラム一覧

2019.04.26

百貨店のプロモーション映像

近年、消費者の買い物の場所は多様化しました。実店舗からネットショッピングへ。
それでも、百貨店には目で体験できる華やかさと、独特の空間が広がっています。
今回は、そんな百貨店ならではの価値をユーザーに訴えかけるプロモーション映像をご紹介します。

>> 続きを読む

2019.04.20

人材採用会社のプロモーション映像

転職にあたり、30代~40代の世代の7割は人材採用会社を利用するといわれています。しかし、利用する会社数はさほど多くなく、約4割が1社のみの利用にとどまります。人材採用会社を利用する最大の目的は、求人情報の収集です。そしてそれ以外に、企業とのパイプや交渉力、キャリアへのアドバイスといった、パートナー的な側面を求めています。求職者が、利用したいと思える人材採用会社とはなにか。今回は、転職を考える人むけに魅力あるプロモーション映像をご紹介します。

>> 続きを読む

2019.04.19

ベビー業界のプロモーション映像事例

少子高齢化が進む日本ですが、人口数とは裏腹にベビー用品・関連サービス市場は右肩あがりで上昇しています。
2017年は、前年比6.7%増で4兆19億円の市場規模 を誇りました。
核家族の増加、育児を一人で担当する「ワンオペ育児」という単語が広まった昨今、子育て負担の軽減は親世代の強い関心を集めています。
次々と進化し、新たな商品が登場するベビーフードや抱っこ紐といった育児用品。
親たちも、子どもの安全と安心を守るため、商品の吟味に余念がありません。
今回は、少子化にも関わらず活性化しているベビー業界で、親世代の心をつかんでいるプロモーション映像事例をご紹介します。

>> 続きを読む

2019.04.18

スポーツメーカーの採用動画事例

ブランド名は知っているスポーツメーカーの採用では、「身近だから」という理由で応募する人も多くいます。単純に「シューズの会社」や「スポーツ用品の会社」以外のイメージを持たせるにはどうしたらいいでしょうか。今回は、スポーツメーカーの欲しい人材像を反映していたり、会社のブランドイメージを魅力的に伝えている採用動画をご紹介します。

>> 続きを読む

2019.04.02

海外ユーザーに向けたカンパニー・ブランド映像事例

近年、日本企業の海外進出が進んでいます。
海外展開にあたり、注目したいのがブランドイメージです。自社ブランドを知らない海外ユーザーに、いかに好印象をもってもらうか。
説明調に固執せず、イメージでブランドのこだわりを伝えられるのが動画のメリットです。
ここでは、自社イメージに適しているカンパニー・ブランドの映像事例をご紹介します。

>> 続きを読む

2019.03.27

モーショングラフィックスの映像事例

モーショングラフィックスとは、文字や写真に動きを加えた映像のことを指します。
テレビ番組でよく見かける、番組タイトルの文字だけが動く表現もその一つ。
静止画と動画の中間のようで、「これがモーショングラフィックス」という細かな定義はありません。
昔から親しまれてきたこの映像技法は、ここ数年で視聴者の記憶に残る効果として注目されています。
メッセージ性を高め、ターゲットに上手に訴求しているモーショングラフィックスの映像事例をご紹介します。

>> 続きを読む

2019.03.23

インスタグラム向け動画広告の事例

インスタグラムのような、スマホアプリで配信される広告が増えてきました。
対象ユーザーにダイレクトにアピール出来る魅力がある一方、限られた時間でわかりやすく伝えなければいけません。
さらに、ビジュアル重視のインスタユーザーを惹きつける工夫も必要です。スマホの使い方を考慮した仕掛けが、より反響を高めます。
ここでは、インスタグラムの特性を生かした動画広告の事例をご紹介します。

>> 続きを読む

2019.03.19

VR映像を利用したアクティビティ事例

VR(virtual realityバーチャルリアリティー)は、コンピューターを用いて作られた仮想空間のこと。日本では、「仮想現実」とも呼ばれます。
非現実の世界を、まるでリアルのように体験出来るのがVRです。
VRゴーグルとよばれる特殊ゴーグルを用い、視覚・聴覚を刺激し、あたかもその仮想の世界に入り込んでしまったような感覚を味わえます。
近年では、VR映像はゲームの世界だけでなく、五感をフルに使うアトラクションの領域にも進出。
今回は、国内・海外のVR映像を利用したアクティビティ事例をご紹介します。
全身をフルに使って楽しむエンターテインメントの世界をのぞいてみましょう。

>> 続きを読む

2019.03.15

Youtube・バンパー広告の映像事例

Youtubeで動画の前に表示される広告は、「5秒で離脱出来るため最後まで見てもらえない」「離脱できないCMは、15秒や30秒と長くユーザーに負担がかかる」と2つの問題点がありました。
その問題点を解決するように導入されたのが、最長6秒完結型の「バンパー広告」です。
スキップ機能がない代わりに、動画の尺が6秒までと決められています。
ユーザーに最後まで視聴してもらいながら、時間も短く負担が少ない。ユーザーの満足度を上げる一方で、広告には簡潔さや視覚のインパクトが求められます。
今回は、アピールポイントを的確に盛り込んでターゲットに訴求する、効果的なバンパー広告の事例をご紹介します。

>> 続きを読む

2019.03.11

AR映像を利用したアクティビティ事例

実在する風景に、バーチャルな視覚を合わせるAR(Augmented Reality:拡張現実)。
最近では、「ポケモンGO」がARを用いたゲームで話題になりました。
専用アプリで楽しむだけではなく、ARの活用の場はゲームやスポーツと広がっています。
今回は、そんなARを用いたアクティビティの事例をご紹介します。ちょっと不思議な拡張現実の世界を楽しんでみましょう。

>> 続きを読む