CG制作の3つのポイント

  1. カメラでは撮影できないシーンを動画化できる

  2. 本当に伝えたい細かな部分を映像化できる

  3. 360度好きな視点から見ることができる。

CG制作の用途

製品紹介

実写で撮影した動画では様々なメーカーのパーツが映ってしまう、技術的に見せてはいけない部分がある、などの条件をクリアすることは困難です。しかし、3DCGで再現して映像化することで、見せたい部分だけをピンポイントで紹介できる動画が制作できます。さらにどのような動きも対応できるので仕組みの説明など細かい技術的なシーンも、より効果的に伝えることができます。

合成CG

実写と組み合わせることによって空間に様々な演出を加えることができます。コストに合わせてクオリティを調整することで、リアルな質感からアニメのような質感まで様々な表現ができます。また、合成CGを前提としたグリーンバックの撮影をすることで、より幅広いCGの合成が可能になります。

イメージCG制作

現実に実装されていない場面や完成前の製品、海の中、土の中、宇宙、人体など、データや参考図、想像からでもCG制作は可能です。リアルに再現できるため、コンセプトやビジョンを訴求するのに有効的です。また、仮想空間や臨場感溢れる世界の作成など壮大なスケールで映像表現が可能です。

お問合せ

    必要事項(*)を下記のフォームに入力の上、
    お問い合わせください。

    お問合せ頂いた後には、弊社より自動返信メールをお送りしております。
    もし、自動返信メールが届かない場合には、お手数ですが、上記連絡先までお問合せください。

    • お問合せいただく際には、以下の点にご注意ください。
    • 当社より送信するお客さまへのE-mailは、お客さま個人あてにお送りするもので、転載はお断りいたします。
    • 回答期日の指定や「至急」のご要望にはお応えできないことがございます。
    • 本お問合せページは、株式会社TAOが管理・運用しております。

    お問合せ種別*
    ご担当者名・ご依頼者名*
    ご住所*
    電話番号(半角)*
    メールアドレス*
    メールアドレス(確認用)*
    お問合せ内容*

    お急ぎの方はお電話でも承っております。

    052-684-7999