お問合せはこちら

コラム一覧

2017.04.06

動画を使った観光PR5選〜②

動画を使った観光PRは、そのコンテンツのユニークさによって大きな宣伝効果を生むことができます。前回では主に日本の観光地のPR動画を紹介しましたが、ここでは海外の観光地のPR動画をご紹介します。



目次

1 観光PRをどこに掲載するか

2 SNSの持つ動画の拡散力

3 動画を使った観光PR実例5選

4 人々が観光PR動画に求めるもの

5 まとめ




1 観光PRをどこに掲載するか

以前はポスターやパンレット、旅行情報誌などでの観光PRがほとんどでしたが、最近は動画による観光PRが増えて来ました。観光PR動画を制作した場合、どこでどのように掲載するかが重要となってきます。

テレビコマーシャルや旅行代理店の店頭などで、PR動画を流すのはかなり効果が高いと言えるでしょう。しかし、コストもかなり高くつきます。街頭ビジョンやデジタルサイネージなどへの掲載は、テレビコマーシャルよりは多少安価になります。不特定多数の目につくというメリットがありますが、立ち止まってじっくりと鑑賞してもらえる機会も少なくなります。インターネットの旅行サイトへの動画掲載は、旅行をしたいと思っている人が閲覧をするために、コストのわりには高い効果が見込めるでしょう。




2 SNSの持つ動画の拡散力

インターネット上にPR動画を設置するために必要なコストは、0円から可能です。自社でYouTubeなどの動画投稿サイトのアカウントを取得し、それを公開すれば費用は無動画制作費のみです。動画そのものがおもしろければ、TwitterやFacebookなどのSNSにより多くの人に拡散される可能性があります。

PR動画を、大手のウェブサイトやブログに掲載してもらうという手法もあります。この場合は自社サイトでの掲載のみより、多くの人に閲覧してもらうことが可能です。




3 動画を使った観光PR実例5選

グアム政府観光局 本当は、日本人だって爆買いしたい。編

グアム政府観光局の、観光PRコマーシャルです。日本から比較的近いリゾート地グアムの魅力を伝えているシリーズ動画で、同シリーズのムービーがたくさんあります。「日本人だって爆買いしたい編」は、グアムでのショッピングの魅力を伝えるコマーシャルになってます。

Singapore Trip -YouTuberがシンガポールの魅力を紹介!

シンガポール政府観光局が、日本人向けに制作した観光PR動画なのですが、日本の人気ユーチューバー3人を動画に起用しています。それぞれのユーチューバーが、シンガポール観光の魅力を伝えている1分程度の短い動画です。この動画にはそれぞれの詳細バージョンもあり、ユーチューバーの佐々木あさひ氏、カズ氏、マスオ氏、が普段の投稿動画と同じテンションでシンガポールを紹介する、親しみのあるムービーとなっています。

ハワイ州観光局 ふっくんのハワイ ハワイアンフード

ハワイ州観光局の動画チャンネルに複数投稿されている「ふっくんのハワイ」シリーズです。タレントの布川敏和氏が、ハワイの魅力や観光スポットを紹介しています。日本人向けの観光PR動画で、日本のテレビ番組で馴染みの深い、旅番組を思わせる構成になっています。1本が10分程度と情報量の多い構成となっていて「ハワイアンフード編」「ホノルル魚市場編」といった具合に、スポット別にそれぞれ1本の動画になっています。

Taiwan-The Heart Of Asia (English)

オリエンタルなムードが満載の台湾の紹介動画です。海外向けに英語で制作された動画ですが、セリフや解説などはなく、3分程度の音楽に合わせて台湾の観光地や自然を、魅力的に伝えています。アジアの中心地とも言える台湾への観光に、期待を持たせるイメージ動画です。

サイパンのカジノ "Best Sunshine Live" featuring Yosuke Kubozuka

マリアナ政府観光局が日本人向けに制作した観光PR動画です。俳優の窪塚洋介氏がカジノで楽しんでいる、クールイメージのムービーとなっています。サイパンといえば海やリゾートのイメージが強くありますが、この動画を見ることによって今までのイメージとは異なるサイパン観光の楽しみ方を想起することができます。YouTubeの概要欄には、より詳しい情報を知りたい人のために、マリアナ政府観光局へのリンクやカジノへのリンクがあります。




4 人々が観光PR動画に求めるもの

観光PR動画を閲覧する人には二種類のパターンがあります。一つは「観光旅行をしたいと思い積極的に情報を集めている人」もう一つは「すぐに旅行に行く予定はないけれど話題の動画なので見てみた人」です。前者は見込み顧客として情報収集しているため、より詳細な情報を求めています。長めの動画や、スポット別のレビュー動画などが高い効果を生むでしょう。後者の場合は潜在顧客であり今すぐには利益につながらないかも知れません。この場合には、人気タレントやユーチューバーを起用したり、おもしろコンテンツタイプの動画を制作し、まず興味を持ってもらうことが効果的です。




5 まとめ

日本が海外へ向けて制作した観光PR動画や、海外が日本に向けて制作した観光PR動画など、観光PR動画は「その地にいない人へ向けての動画」であることがほとんどです。発信する観光地のメリットや魅力を客観的に見て、PR動画を制作することが重要となってきます。地元の人は気づいていない現地の魅力が必ずあるものなのです。

2017.04.05

動画を使った観光PR5選〜①

インターネットのSNSなどで、地方の観光PR動画を見かけることが多くなってきました。楽しそうなムービーで、話題の芸能人が出ているのでなんとなく視聴したところ観光PR動画だった、というケースもあります。ここでは動画を使った観光PRとその実例についてご紹介します。



目次

1 観光PRに求められるもの

2 動画の持つ効果

3 動画を使った観光PR実例5選

4 動画を使った観光PRのこれから

5 まとめ




1 観光PRに求められるもの

観光PRに動画を使用する地域が増えてきました。日本国内ではほぼ全ての都道府県にPR動画が採用されています。観光PRに求められるのは「地域の魅力をいかに伝えるか」ということです。今までは文字や写真による観光PRが主流でしたが、動画制作の費用がかつてよりも安価になり、高速インターネットも普及したために、動画による観光PRが増えているのです。




2 動画の持つ効果

動画には情報をダイレクトに伝える効果があります。観光PR動画はテレビコマーシャルや、旅行代理店の店頭などで放映されるケースもありますが、現在ではそのほとんどがインターネット上に掲載されています。観光ポスターや雑誌、リーフレットでは届かない顧客がいた情報も、インターネットに掲載され話題になることによって、多くの人々の目に触れることができます。




3 動画を使った観光PR実例5選

より多くの視聴者に閲覧してもらうために、日本の各都道府県、自治体、観光課はPR動画に工夫をこらしています。観光地の魅力をシンプルに伝える従来型のPR動画のみでなく、人気アーティストや芸能人を起用し内容にもストーリー性や話題性を持たせています。SNSなどでの拡散効果を期待しているためだと思われます。

ENJOYNARA / 井上涼 【奈良市観光PR】

人気映像アーティストの井上涼氏による、奈良市の観光PR動画です。海外からの観光客に向けて英語で制作されていますが、字幕もあり、日本人でも楽しむことのできるアニメーションです。かわいいキャラクターと、井上涼氏の独特の歌声で、奈良市の魅力をユーモラスに紹介しています。

OITA CITY -the bird view-

大分市美術館や、大分城址、うみたまごなど、メジャーな観光施設をドローンによる空撮で紹介しています。概要欄には大分市の特設ページへのリンクが貼ってあり、こちらの動画で紹介された施設の紹介と、それぞれの施設の詳細動画を閲覧することができます。インターネットコンテンツならではの観光PRです。

【柳川市観光PRビデオ】SAGEMON GIRLS さげもんガールズ

アイドルグループさげもんガールズがダンスをしながら、柳川の魅力を紹介するムービーです。さげもんとは、柳川伝統の雛飾りのことです。ダンスの振り付けは有名振付師によるもので、観光PRに対する力の入れ具合が伝わってきます。

「のびしろ日本一。いばらき県」PR動画 (平成27年度いばらきを知ろう!大キャンペーン)

よしもと興行の人気芸人がそれぞれ「都道府県」という設定で教室に集められている、コント風の動画です。北海道や京都府は成績優秀なのですが、茨城県はなんと最下位の47位。それでもめげることなく茨城の魅力を紹介するというストーリーになっています。渡辺直美扮する茨城県のポジティブさに好感が持てるPR動画です。

【宇都宮市観光PRムービー】RIGHT NOW! UTSUNOMIYA

HIPHOPバンド「P.O.P」に所属する宇都宮市出身のラッパー、上鈴木兄弟による、宇都宮市の観光PR動画です。オリジナルソングに合わせて、宇都宮市を紹介する楽しいムービーです。YouTubeの概要欄に公式サイトへのリンクがあり、公式サイトでは複数のムービーを閲覧することができます。それぞれの動画に、英語、韓国語、中国語バージョンの字幕があります。




4 動画を使った観光PRのこれから

観光地をシンプルに紹介するだけではなく、コンテンツとしての面白さを追求している観光PR動画の現状ですが、これからの観光PRはどうなっていくのでしょう。

ドローン空撮などの新しい技術が、続々と映像制作に取り入れられています。今後はVR(仮想現実)の流行にともない、360度体験型の観光PR動画も制作されるかも知れません。仮想現実での観光は、技術的にはすでに可能となっています。部屋にいながらにして全国各地の観光ができるといった時代が、すぐ目の前まで来ています。




5 まとめ

各都道府県や自治体が工夫を凝らして、話題性のある観光PR動画を制作しています。かつては予算のある地域でしか制作することのできなかった動画ですが、現在ではかなり安価に制作することができるようになりました。地域の魅力をしっかりと伝えつつ、コンテンツとしても面白い、より多く拡散される観光PR動画を作ることが重要となってきています。また、最新技術を用いた動画制作にも期待が持たれています。

2017.04.04

思わず食べたくなる食品CM8選 〜海外

インターネットの普及により、簡単に視聴することができるようになった海外の食品CMですが、世界各国ではどのような広告スタイルが好まれているのでしょうか。ここでは思わず食べたくなる海外の食品CMを紹介します。



目次

1 海外の食品CMについて

2 思わず食べたくなる食品CM8選 〜海外

3 日本の食品CMとの違い

4 まとめ




1 海外の食品CMについて

前回は日本の食品CMについて解説しましたが、海外での食品CMはどのようなスタイルが主流なのでしょうか。かつては現地に行ってテレビで見るか、海外のCM特集などのテレビ番組を見るしか視聴する方法のなかった海外のコマーシャルですが、現代においては多くがインターネットの動画サイトに投稿されているために、簡単にアクセスすることができるようになりました。




2 思わず食べたくなる食品CM8選 〜海外

国によって食品CMの個性やカラーは違いますが、どのCMにも共通しているのは、食べ物がとてもおいしそうに撮影されているということです。人の食欲は世界共通なのでしょう。

KFC | Firecracker #ItsIntense

アラビアのケンタッキーの「Firecracker Chicken」のCMです。チキンを口に入れたときの衝撃を、ジェットエンジンの排気などで表現しています。あまりにオーバーな演出に、どのような味がするのか思わず食べてみたくなります。

Blowing HERSHEY’S KISSES Chocolates

HERSHEY’Sの「KISSES Chocolates」のコマーシャルです。チョコレート工場でキスチョコレートが働いているというユニークな設定の、映画を思わせるコンピューターグラフィックス動画です。つややかなチョコレートがとてもおいしそうに表現されています。

Burger King | O efeito Mega Stacker

ブラジルのBURGER KINGのコマーシャルです。ゴミの山の中でひどい格好で目覚めた男。その理由は実は、BURGER KINGの「Mega Stacker」を食べたから……。といった、ショートムービ仕立ての動画となっています。ブラジルの国民性を感じさせるユニークなCMです。

Frozen Is For Later

アメリカのハンバーガーチェーン「Wendy's」のコマーシャルですが、他社のハンバーガーとの比較広告となっています。他社のハンバーガーは冷凍した牛肉を使用しているが、Wendy'sのハンバーガーは冷凍肉を使用しないということを、ユーモラスにアピールしています。日本ではこういった他社との比較広告は少ないのですが、海外ではよく見かけられます。

Kikkoman commercial - 2017, 20sec

フランスのKIKKOMANのコマーシャルです。日本のキッコーマン醤油は、世界中で販売されています。私たちに馴染みの深い醤油も、フランスではこのような料理に活用されているのかと興味深いものです。Kikkoman EuropeのYou Tubeチャンネルには、他にも醤油を利用したレシピがたくさん公開されていて、どれもとてもおいしそうです。

A 10,000 Donut Salute to #34 David Ortiz

「Dunkin' Donuts」を10,000個も使用して、メジャーリーガーのデビッド・オルティスの絵を作るというコマーシャルです。Dunkin' Donutsのトッピングのカラフルさに驚いてしまいます。10,000個のドーナツを撮影後にどうしたのか、少し心配になってしまいます。

NUTELLA. Wake Up with Enthusiasm

中東の「NUTELLA」のコマーシャルです。朝なにをしても起きない子どもたちが、NUTELLAのチョコレートスプレッドの蓋を開けただけで、元気いっぱいに起きてくるという設定の動画です。朝食のさわやかなイメージを表現したCMとなっています。

Chef Dan Doherty's Peach Melba Recipe - Häagen-Dazs

イギリスのHäagen-Dazsのコマーシャルです。Dan Dohertyシェフにより、Häagen-Dazsのアイスクリームを使ったピーチメルバの作り方が紹介されています。作り方はとても簡単なのですが、フルーツとピンク・シャンパンを使ってとても美味しそうに作られています。




3 日本の食品CMとの違い

人気タレントを起用し、日常的な設定で撮影されることが多い日本の食品CMですが、海外ではオーバーな演出があったり、他社との比較広告があったりと、日本と異なる部分も多いようです。国民性により好まれる動画のスタイルは異なりますが、どの国の動画もとてもおいしそうに、食品が撮影されています。




4 まとめ

かつては見ることのできなかった海外のコマーシャルも、インターネットの普及により簡単に視聴することが可能になりました。各国の動画を比較すると、地域により好まれる宣伝手法が異なっていることがよく理解できます。海外のコマーシャルを見た後に日本の食品CMを見てみると、新しい発見があるかも知れません。

2017.04.03

思わず食べたくなる食品CM8選 〜国内

テレビやインターネットで、おいしそうな食品のコマーシャルを頻繁に目にします。日本の食品業界はどのような宣伝手法をとっているのでしょうか。ここでは思わず食べたくなる、日本国内の食品CMをご紹介します。



目次

1 食品CMの効果とは

2 食品CMの現状

3 思わず食べたくなる食品CM8選 〜国内

4 思わず食べたくなる食品CMのポイント

5 まとめ




1 食品CMの効果とは

テレビを視聴していると、ファーストフードやファミリーレストラン、スイーツなど、食べ物のコマーシャルがとても多く見られます。空腹時に目にする食品CMは、食欲にダイレクトに訴えかけるために脳裏にしっかりと記憶されます。次に店頭で商品を見たときに「先日のテレビコマーシャルで見たやつだ」と、つい手にとってしまうのです。




2 食品CMの現状

最近ではテレビコマーシャルだけでなく、インターネットの動画広告でも食品CMを見かけるようになりました。YouTubeの人気動画などを見ていると、テレビのCMのように動画の冒頭や中盤に動画CMが入っています。YouTubeの広告はスキップできる場合もありますが、人気ユーチューバーのチャンネルなどではスキップできない設定にしてあることもります。テレビコマーシャルに近づいてきていると言えるでしょう。

最近ではテレビコマーシャルでは放映されない、インターネット用に製作された食品CMなどもあります。




3 思わず食べたくなる食品CM8選 〜国内

日本の食品CMでは、商品の魅力はもちろんですが、商品のターゲット世代にあった人気タレントを使う場合が多いです。人気芸能人のCM出演料はかなり高額ですが、それに見合った宣伝効果があると言えるでしょう。

朝食りんごヨーグルト 広瀬アリス「朝にすっきりんご」篇 グリコCM

グリコの「朝食りんごヨーグルト」のCMです。商品名に朝食という名前がつけられていますが、このコマーシャルには「朝にすっきりんご」篇、「午後もすっきりんご」篇、「夜もすっきりんご」篇の3つのバージョンがあります。どの時間でもおいしそうにヨーグルトを食べる姿で、商品の魅力が伝わってきます。

【モスバーガー TVCM】「かさばる理由」篇

食べにくいと言われがちなことを逆手に取った、モスバーガーのコマーシャルです。大きな口を開けないと食べられないほどのハンバーガーを、おいしそうに食べている動画です。モスバーガーが「日本発のハンバーガーチェーン」だということに誇りを持っていることが感じられます。

とろ~りたまごINクリスピーハンバーグ『タージンの食レポ』篇 【ガスト】

レポーターのタージン氏による、食レポ風のコマーシャルです。ガストの新商品「とろ~りたまごINクリスピーハンバーグ」を食べてレポートをしているのですが、思わず食べたくなってしまいます。ラストの「どうぞ今すぐガストへ」というタージン氏のセリフに、つい従いそうになってしまいます。

すき家「朝食シリーズ」編

牛丼のイメージが強いすき家ですが、こちらはすき家の朝食のコマーシャルとなっています。出張中や朝早い出勤前のサラリーマンをターゲットにした動画で、出先でも健康的な朝食を安価に食べることができることをアピールしています。

綾瀬はるか「おつかれさまです!」VR(春篇)グリコ ジャイアントコーン

まだ導入している企業の少ない、VR(仮想現実)の技術を利用したコマーシャルです。テレビで放映されたCMの360度VRバージョンがYouTubeで公開されています。左上のボタンによる操作で、室内にいる綾瀬はるかさんを追いかける視点の動画になっています。

ケンタッキーのTVCM サクサク骨なしケンタッキー<オニオン&コンソメ>「サクサクの音が咲く」篇|KFC

美味しそうなチキンの映像だけでなく、音の描写にもこだわったCMです。「サクサク骨なしケンタッキー」という商品を食べるときのサクサクした音で、食欲をそそるコマーシャルになっています。

キユーピーハーフ「チョップドサラダ」篇60秒 福山雅治 キユーピーCM

テレビで放映された「キューピーハーフ」のコマーシャルのロングバージョンです。女性に人気の福山雅治氏を起用し、商品ターゲットの世代に好まれる、ヘルシーで見た目もおしゃれなサラダを紹介しています。他のレシピのバージョンもあり、キューピーハーフによる料理のバリエーションが表現されています。

丸鶏がらスープ「丸鶏スープ餃子」篇 15秒

味の素の「丸鶏がらスープ」のCMです。いくつかのレシピバリエーションがあり、どの料理もおいしそうで簡単に作ることができそうに思えます。鶏ガラスープの素という商品を購入するのは、自炊をするけれど、インスタントのだしも活用するという層ですので、ターゲットにぴったりのコマーシャルだと言えるでしょう。




4 思わず食べたくなる食品CMのポイント

日本ではタレントを起用した食品CMが主流ですが、商品撮影やコンセプトにも工夫が凝らされています。シンプルに「おいしいよ」と伝えるより、商品を食べるシチュエーションや商品を使ったレシピアイデアなどを紹介する動画が、最近では多く見られます。




5 まとめ

テレビだけでなく、インターネットでも頻繁に見かけるようになった食品CMですが、日本ではまだタレントを起用するCMが主流のようです。VRなどの新しい技術も活用され初めているので、これからは珍しい撮影技術を使用した動画も多くなってくることでしょう。

2017.04.02

思わず見入ってしまうプロモーション動画8選

商品や映画などを紹介するプロモーション動画は、宣伝に効果的なツールです。ここではプロモーション動画のメリットと、思わず見入ってしまうプロモーション動画の実例をご紹介します。



目次

1 プロモーション動画について

2 動画によるプロモーションのメリット

3 思わず見入ってしまうプロモーション動画8選

4 プロモーション動画制作のポイント

5 まとめ




1 プロモーション動画について

商品の紹介や企業の紹介、映画やゲームの紹介など、現代では多くの製品やコンテンツにプロモーション動画が制作されています。動画によるプロモーションはダイレクトに伝えたい情報を伝えることができるために、文章や画像のみのプロモーションと比較して、より高い宣伝効果が期待できます。




2 動画によるプロモーションのメリット

動画によるプロモーションの魅力は、情報の伝達力ももちろんですが、その拡散力にあります。高速インターネットの普及により、現代の人々はパソコンやスマートフォンなどで、簡単に動画にアクセスすることができます。またSNSなどでの動画の拡散により、高い宣伝効果が期待できるのです。




3 思わず見入ってしまうプロモーション動画8選

多くの企業が自社の製造工程や自社製品についてのプロモーション動画を制作しています。自社サイトだけでなく、YouTubeなどの動画投稿サイトに掲載することにより、サイトを訪れた人以外も、動画を閲覧する可能性があります。

YORO JAPAN CRAFTED プロモーション動画

養老町のミズノ工場で、ゴルフクラブを製作する職人のプロモーション動画です。工場の様子と職人へのインタビューで構成されていて、匠の技で製造されている製品の品質がよくわかります。先進のテクノロジーと職人の技を融合させたイメージアッププロモーション動画です。

RoBoHoN(ロボホン)プロモーションムービー

シャープのロボット型スマートフォン、「ロボホン」のプロモーション動画です。動いたり喋ったり踊ったりとかわいらしい小型ロボットですが、これがスマートフォンであるという事実に驚いてしまいます。プロジェクターにまで変身するロボホンの未来的な姿に、現代の技術の進歩を感じさせるプロモーションムービーです。

【MUD7】新潟県南魚沼市を、遊びつくせ

ダンスパフォーマンスユニットのWORLD ORDERになりきった、魚沼市のプロモーション動画です。WORLD ORDERはスーツを着て世界各地の街をゆっくりと歩くプロモーションビデオが有名ですが、踊る観光PRプロジェクトチームMINAMI-UONUMA DANCE 7により制作されたこの動画は、WORLD ORDERのコンセプトにぴったりであり、かつ自然の多い魚沼市の魅力をユーモラスに伝えています。

OK Go - I Won't Let You Down - Official Video

OK Goというアメリカのロックバンドの楽曲「Won't Let You Down」のプロモーション動画です。ホンダが開発したユニカブという電動一輪車に乗って、OK Goのメンバーがダンスをするのですが、ドローン空撮による一発撮りのムービーは、思わず目が離せなくなるほどの精度となっています。インターネットで話題となり、動画公開から半日で200万再生を超えたそうです。撮影は日本で行われ、日本のアイドルユニットのPerfumeがほんの少しだけ登場しています。

Telekinetic Coffee Shop Surprise

映画「キャリー」のプロモーション動画です。キャリーは超能力を持った少女が主人公の映画なのですが、この動画は「もし超能力に遭遇したらどうするか」というドッキリ動画になっています。コーヒーショップで驚く人々のリアルな姿が、インターネットで話題になりました。

『ヘディング工場』 プロモーション動画・始動編

PlayStationVRのゲーム「ヘディング工場」のプロモーション動画です。VR(仮想現実)を利用したゲームなのですが、動画中には解説もなく、美麗なコンピューターグラッフィックスの景色と、音楽だけが流れています。実際にプレイしてみたくなる、ティザームービーとなっています。

大光食品プロモーションPV

ハムやソーセージ、ハンバーグなどを製造している工場のプロモーション動画です。普段は見ることのない食肉の加工現場を、工場見学でもしている気分で視聴することができる興味深い動画です。丁寧に加工されている工場の様子が伝わってくるムービーです。




4 プロモーション動画制作のポイント

顧客になにを伝えたいのかにより、プロモーション動画のスタイルは変わります。自社の製造工程などを紹介したいのであれば、ドキュメンタリー風の映像が良い印象を与えるでしょう。潜在顧客に広く商品を伝えたいのなら、ユニークなコンテンツ型の動画がおすすめです。動画そのものが面白ければ、SNSなどで拡散され多くの人に視聴してもらえる可能性があります。




5 まとめ

多くのプロモーション動画がリリースされている現代において、ただ宣伝動画を作るだけでなく、より話題性のある映像を制作することが重要となってきます。おもわず見入ってしまうような動画を作ることができれば、高い宣伝効果が見込めるでしょう。

  1 / 12  次のページへ
ページの先頭へ