コラム

2017.12.8 10:50

動物系専門学校のプロモーション映像事例5選

ペットショップだけでなく動物園や水族館、テーマパーク等、動物を介したアミューズメントは少しずつ規模を広げ、今や日本全国どこでも動物に関する施設というものが広がっています。動物が好きで動物に関する仕事がしたいと思う人は多いのですが、実際に進路を選ぶ時に真剣にその道を選ぶ人は意外と少ないようです。まだまだ動物に携わる仕事、動物の事を学ぶ為の専門学校というのはマイナーで、世間一般に深く認知されていないのかもしれません。存在をアピールする為にも、コマーシャルやプロモーションという事がもっと必要ではないでしょうか。
そんな動物系専門学校の認知、興味を喚起させる為のプロモーション映像をいくつかご紹介していきます。

 

 

目次

1)アジア動物専門学校

2)北海道エコ・動物自然専門学校

3)ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校

4)つくば国際ペット専門学校

5)穴吹動物看護カレッジ

まとめ

 

 

1)アジア動物専門学校

「アジア動物専門学校」はペットスタイリストの他にもドッグトレーナーや動物看護科等いくつものコースがあり、活躍出来る職種や形態も様々です。
プロモーション映像は、1分と短く、静止画を繋ぎ合わせただけのシンプルな仕上がりではありますが、短いがゆえに、何度も見なおしてくれるという利点があります。10分前後の長いプロモーション映像は、そもそも最後まで見てもらえないことが多く、クリック一つで動画を変えられるYouTubeでは特にそれが顕著です。動画の各所にテロップが入っているのも分かりやすく、写真がひとめでどのような際の写真なのかがわかります。シンプルが故に学校そのものの魅力が伝わりやすくなっています。

 

 

2)北海道エコ・動物自然専門学校

「北海道エコ・動物自然専門学校」は、動物園や水族館の飼育係やトリマー等の動物に直接関わる仕事を目指せる他にも、自然調査アウトドアガイド専攻というものがあり、自然環境に特化した事を学ぶ事も出来ます。
動画では飼育室での様子が撮影されており、生徒達が自分達で考えながら実際に動物を飼育する実習が行われています。実際に動く動物や、生徒と先生のリアルなやりとりがあり、より現実的で具体的な学校生活を表現しています。ポップで和気あいあいとした、動物とふれあって楽しんでいるような映像ではなく、あえてクールな印象であるからこそ、楽しさだけでなく厳しさもある真剣な教育の現場を表現出来ているのではないでしょうか。また、メインとなる動物たちのアップを時折挟み、迫力のある映像に仕上げて視覚に訴えます。動物好きの心に沁みる仕上がりで、映像作品としても上々のプロモーション映像です。

 

 

3)ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校

「ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校」は、トリマーや動物看護師等の専門的なコースだけでなく、動物全般なんでもこなせる総合コースというものがあります。幅広く学ぶことができ、トリマーのライセンスや動物看護福祉士等の資格を取得出来る為、就職も不利ではなく、自由な幅が効かせるようになります。
動画では学校のある徳島県の紹介から始まり、最寄り駅の様子や街の事を説明してくれている為、県外から入学を考えている人にとっては大事な情報となります。また、一人の語り部によってナレーションが進むのではなく、ポイントによって話をしてくれる人物が変わる為、様々な視点からみても安心できる学校であるという印象を与えることが出来ます。
動画自体は4:3と古く、印象としては真新しさを感じない動画ではありますが、テレビ番組のような丁寧な作りを意識していて、斬新な映像表現をむやみに使用したテーマの伝わりづらい動画よりは、わかりやすいものとなっています。

 

 

4)つくば国際ペット専門学校

「つくば国際ペット専門学校」は実習の授業に比重を置き、提携しているわんわんランドの犬達を自由に使える為、週3日の実習が可能です。また、卒業生は優先的にわんわんランドに就職出来るというのが魅力的な点となっています。
動画では空撮で学校周辺の風景を写し出しており、豊かな自然とのびのびとした教育環境をしっかりと印象付ける事が出来ています。入学を検討している人には、教室内部だけでなく周辺の環境も大切な情報となってきます。また、パートナードッグを新入生一人につき一頭用意されているというのは、動物の事が好きで勉強したい人にとっては良い環境でしょう。そういった学校のメリットを前面に押し出したプロモーション映像で、生徒の心をくすぐります。また、生徒自身のリアルな感情と声を使っている為、より一層身近に感じます。

 

 

5)穴吹動物看護カレッジ

「穴吹動物看護カレッジ」は動物看護専攻だけでなく、トリマー専攻やしつけインストラクター専攻等、動物に関する様々な事が学べる学校です。就職に強く、動物看護師等の資格取得実績だけでなく、面接や筆記に関しても一人一人手厚くサポートしてくれるのが魅力で、動物業界への就職内定率95%と、かなり高い内定率を誇っています。
動画は写真のスライドと文字だけのシンプルな構成ですが、明るく前向きなBGMとテンポ良いテロップで、見る人の内面に直接訴え掛けるような内容になっています。動画の時間も短めである為気軽に見やすく、迷っている人や進路を探している人にはいい後押しになるかもしれません。
ただ、写真の動きが荒々しく、動物医療という切実なテーマが伝わりづらい内容となっていることは否めません。エフェクトを抑え、視聴者に落ち着いて見てもらえる工夫もプロモーション映像には必要です。

 

 

まとめ

専門学校のプロモーション映像は、視聴者に入学後のイメージを完結に想像させられるような構成である必要があります。
カリキュラムを淡々と伝えるだけではなく、視聴者が学びながらどのような学生生活を送ることができるのか。どのような将来に繋がるのか。などといった、学生が感じるであろう不安を映像で取り除いてあげることも意識すべきでしょう。

あなたにお勧めの記事

動物系専門学校のプロモーション映像事例5選
保育系専門学校のプロモーション映像事例5選
看護系専門学校のプロモーション映像事例5選
介護職の専門学校のプロモーション映像事例5選
ダンス系専門学校のプロモーション映像事例5選
日本の伝統工芸のプロモーション映像5選〜芸能編